国内旅行での格安航空券について

早期予約のチケットは変更やキャンセルができないので注意

ただ、このような早期予約チケットに関しては注意点もあります。
この注意点を知らないままに使おうとするとかえって損をするケースもありますから、予め知っておく必要があるでしょう。
基本的に、このようなチケットは予約の変更やキャンセルができません。
予約した当該便に搭乗しない限り、そのチケットはただの紙切れとなり、1円の価値も持たないものになると考えて良いでしょう。
通常運賃のチケットの場合、予約の変更やキャンセルは比較的安い手数料で可能なことが普通ですから、この差は大きいと言えます。
ですから、間違いなく確実にその飛行機に乗れると分かっていない限りは、このようなチケットには手を出さないほうが良いかもしれません。
もしかすると予約した便に乗り遅れるかもしれないとか、その日にはそもそも旅行に行けなくなるかもしれないというような場合はあまり使えないかもしれないということです。
もう一つの格安航空券としては、いわゆる格安航空会社のチケットを購入することです。
この場合は別に早期に予約しておくような必要はあまりありません。
たとえ直前であっても、それ以外の航空会社のチケットよりは格安で買えることが多いでしょう。
ただし、この場合もやはり注意点はあります。

国内で格安航空券を入手する場合は大まかに2通り早期予約のチケットは変更やキャンセルができないので注意格安航空会社を利用の場合はサービスなどに制限あり