国内旅行での格安航空券について

国内で格安航空券を入手する場合は大まかに2通り

国内で格安航空券を入手する場合は大まかに2通り早期予約のチケットは変更やキャンセルができないので注意格安航空会社を利用の場合はサービスなどに制限あり

国内旅行で格安航空券を入手する方法としては、大まかに言って2つあります。
どちらも一般的に利用可能な方法で、一つは格安航空会社を利用する方法、もう一つはできるだけ早期に予約、発券することで運賃を安くする方法です。
まずはできるだけ早期に予約、発券する方法から説明しましょう。
新幹線などの鉄道の旅ではあまり当てはまらないことですが、飛行機の旅においては、できるだけ早期に予約し発券することで通常の運賃よりも大幅に安くなるチケットが発売されています。
これは決して金券ショップなどで発売されているものではなく、航空会社自身が公式な運賃体系として発売しているもので、もちろん当該航空会社の公式ウェブサイトでも予約することが可能です。

最近は飛行機も安くなったね。
新幹線より安いときもある。
 https://t.co/0BBCJuNVuu

— RANSE@真理を求めて! (@eiji34) 2019年3月7日
結局、航空会社にとっては、相当に割引をしてでも早期に搭乗を確約してもらったほうがありがたい面があるということでしょう。
飛行機はたとえ搭乗客一人でも予約がある限りは飛ばさなければならず、飛行機の機体の大きさを考えれば、例えば100人乗りの飛行機において乗客が一人であろうが100名の満席であろうが飛ばすためのコストそのものはほとんど変わらないと予想されます。
つまり、空席のまま飛行機を飛ばすよりは、多少チケットを売りたたいてでも乗客で埋めたほうが航空会社にとって利益になるということがこの理由として考えられます。